読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の温泉

40後半男。過去に巡った温泉などを中心におすすめを紹介します。

秋田の「こまち温泉」で一日中遊び尽くす方法

天然温泉こまち健康ランド、通称「こまち温泉」は、秋田市民に愛される健康ランドです。とても大きくて立派ですし、宿泊施設までありますので、秋田に旅行に来た際に、このこまち温泉で一日中過ごすプランを組み込まれてはいかがでしょうか。

秋田市民に愛されるこまち温泉

 

こまち温泉は、秋田県内最大級の総合リラクゼーションとして、秋田市民に愛されています。気軽に秋田の温泉をリーズナブルな料金で楽しむことができるので、リピーターが多いです。
もちろん、秋田への観光客にもこまち温泉はおすすめです。地元秋田の人も多く温泉に入りに来られるので、こまち温泉で秋田の方との交流も楽しめるでしょう。

こまち温泉の効能

 

こまち温泉の泉質はナトリウム塩化物泉で、ポカポカ湯冷めしにくいお湯です。お肌もつるつるになりますので、秋田こまちのように美人になりたい方にはおすすめできます。
こまち温泉には、立派な大浴場だけでなく、6種物露天風呂、ミストサウナ、シアターサウナなどで汗を流すことが出来ます。

温泉以外の楽しみ方

こまち温泉には、サウナやアカスリ、岩盤浴、ボディケアなど、身体にやさしい設備やサービスが充実しているため、秋田市民も何度来ても飽きないとくりかえし訪れています。これだけの設備が整った温泉は秋田ではこまち温泉に並ぶ場所がないでしょう。
宿泊のスタイルも様々なタイプの中から選べるので、秋田に宿泊するならこまち温泉を候補に入れましょう。

こまち温泉で宿泊しよう!

 

日帰りでも楽しめるこまち温泉ですが、せっかく秋田に来たのなら、ぜひこまち温泉に宿泊しましょう。温泉やマッサージでリラックスし、大衆演劇なども見た後は、ゆっくり休みましょう。こまち温泉は24時間営業なので、秋田観光で遅くなったり、夜に秋田の繁華街に行った後にいつでもこまち温泉に戻ってこられる利便性は、秋田の宿泊施設の中でもトップクラスです。

ワンちゃんと一緒に宿泊可能なロフトルーム

 

こまち温泉のロフトルームでは、なんと愛犬と一緒に泊まることが出来るのです!これで、秋田に来るためにペットをペットホテルに預けずに、一緒に秋田に連れてこられますね!ただし、公共施設になりますので、いくつかの条件を満たす必要があります。
ワンちゃん同伴可能な部屋は、こまち温泉に3部屋しかないので、秋田旅行の日程が決まったら早めに予約しましょう。

こまち温泉でおすすめのグルメ

こまち温泉で楽しめる2つの飲食店をご紹介します。どちらも飲食店のみの利用可能なので、秋田旅行の途中、食事に立ち寄ることが出来ます。

 

食楽亭あかり

和定食、海鮮料理、フレンチと本格的な料理が楽しめる、ちょっとぜいたくな食事が味わえる場所です。宴会も出来ますので、団体で訪れるのもOKです。
あかり御膳”旬香”は宝石箱のような料理で、見ても食べても満足度100%です。

湯あがり広場

お風呂上がりにちょっとお食事を楽しみたい場合におすすめです。居酒屋風のお店ですが、家族連れでも楽しむことが出来ますので、ご安心ください。お風呂上がりのビールとからあげなどの料理がたまりません。

こまち温泉へのアクセス

 

住 所 秋田県秋田市卸町1-2-3
電 話 018-865-0001
営 業 24時間
休館日 年中無休
料 金 ●3時間コース 大人650円 子供500円
●5時間コース 大人800円 子供600円
●フリータイム(朝10:00~24:00・館内着付き) 大人980円 子供700円
●深夜3時間(23:00~深夜2:00) 大人950円
あさ風呂2時間(朝5:00~朝8:00) 大人550円 子供450円

こまち温泉へは、車で来られるのが良いでしょう。無料駐車場が350台収容できるからです。秋田自動車道・秋田南ICより国道13号線経由10分で到着します。大きな看板がありますので、迷うことも少ないかと思います。
最寄り駅はJR秋田駅になりますので、電車で利用される方はこちらからタクシーなどで来られると良いでしょう。

こまち温泉周辺でおすすめの秋田観光スポット

秋田県立美術館

秋田県民が身近に芸術を楽しむ文化を育むことを目的に作られた美術館です。藤田嗣治作品による文化の創造が特徴的です。

千秋公園

秋田市街地のほぼ中心部にある城址公園です。 春には花見が、秋には紅葉が楽しめます。観光客も多いですが、普段は秋田市民の憩いの場として親しまれています。佐竹氏の歴史を学びましょう。

秋田市に行くならぜひ、こまち温泉へ!

 

格安で利便性の良いこまち温泉は、秋田に行ったときにはぜひ利用してほしいです。こまち温泉にいるだけで一日中楽しめるからです。こまち温泉を拠点に、昼間は観光をして夜は温泉や食事を楽しむという利用の仕方も良いですし、天候不良などであればこまち温泉で日中楽しむことも可能です。

f:id:onsenkun:20170106215846p:plain