読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺の温泉

40後半男。過去に巡った温泉などを中心におすすめを紹介します。

歴史の雰囲気漂う松山・道後温泉の旅

伊予国・松山といえば3000年以上の歴史を誇る道後温泉です。松山空港からのアクセスも良く、満喫できる観光地です。今回は道後温泉松山市内のおすすめスポットとお宿をご紹介します。道後温泉松山城など人気スポットへのアクセスに便利な路面電車を使って散策しましょう。

f:id:onsenkun:20170106215846p:plain

松山の主要観光スポットへのアクセスは路面電車に乗ろう!

伊予鉄道路面電車

松山空港からバスで約26分、観光の拠点である松山市駅に到着します。ここから道後温泉までのアクセスは路面電車またはバスで移動することができますが、おすすめは路面電車です。松山市駅やJR松山駅からメインストリート「大街道」を経由して道後温泉まで行くことができます。10分間隔で運行しているので1日乗車券を使って観光スポットのアクセスに便利な路面電車で散策してみてはいかがでしょうか。

道後温泉へのアクセスは「坊っちゃん列車」で!

伊予鉄道・観光列車 「坊っちゃん列車」

坊っちゃん列車」アクセス(停車駅)
松山市駅⇔南堀端(降車のみ)⇔大街道⇔上一万(降車のみ)⇔道後温泉
古町⇔JR松山駅⇔南堀端(降車のみ)⇔大街道⇔上一万(降車のみ)⇔道後温泉

※詳細は公式ホームページをご覧ください。

明治時代、67年間松山市で活躍した蒸気機関車を復元したのが「坊っちゃん列車」です。夏目漱石の小説「坊っちゃん」で機関車が登場したことから呼ばれるとうになりました。快速運転をするので少しでも早く松山城道後温泉まで行きたい方はぜひゴトゴト動く「坊っちゃん列車」に乗ってみてください。

松山城へのアクセスはリフト・ロープウェイで!

松山城へのアクセス リフト

<リフト・ロープウェイ乗り場までのアクセス>
伊予鉄道大街道電停から徒歩約5分
料金:おとな510円、小人(小学生)260円(往復分)※リフト・ロープウェイ共通
時間:8時30分~17時30分(ロープウェイは季節により異なる)
休日:無休
松山城ロープウェイ東雲口駅舎から松山城・長者ヶ平までのアクセス(約6分)

路面電車大街道駅から歩いていくと見えてくるのが松山城ロープウェイ駅舎です。松山城へのアクセスはロープウェイ・リフトにある東側から登城することをおすすめします。リフトは初めて乗った方には恐怖感を持ってしまうのかもしれませんが、心地よい風を感じながら松山市内の絶景を満喫することができるので勇気ある方はぜひリフトで松山城へ行ってみましょう。

松山城ロープウェイ

松山城ロープウェイ東雲口駅舎から松山城・長者ヶ平までのアクセス(約3分)

高所恐怖症の方やカップルで一緒に乗りたい方にはロープウェイをおすすめします。リフトに乗っているような心地よい風を体感することができませんが、ガイドの方に乗っているので松山の歴史と松山城についての話を聞きながら乗ることができます。松山市内の絶景を楽しみながら松山城までのアクセスをお楽しみください。

松山のシンボル・松山城

松山城

アクセス:伊予鉄道大街道電停からリフト・ロープウェイ乗り場まで徒歩約5分
※ロープウェイ乗り場から天守閣までのアクセス:約10分
料金(天守閣):おとな510円、小人(小学生)150円
時間:9時~17時(天守閣)
休日:12月第3水曜日

リフトやロープウェイに乗った後、天守閣までは厳しい坂道をあがっていきます。標高132メートルの山頂に本丸、中腹に二之丸、山麓に三之丸を築く連郭式平山城のお城が「松山城」です。現存の天守は江戸時代末期に建てられたもので最上階からは松山市街地や瀬戸内海、四国山地まで眺めることができます。本丸広場では桜や紅葉を名所でひと休みスポットもあるので、散策後に立ち寄ってみてください。

坂の上の雲」の世界へ・・・

坂の上の雲ミュージアム

アクセス:伊予鉄道電停大街道から徒歩約2分
料金:おとな400円、高齢者(65歳以上)200円、高校生200円
※中学生以下は無料
時間:9時~18時30分(入館は~18時)
休日:月曜(祝日、振替休日の場合は翌日、臨時開館あり)

電停大街道までのアクセスが便利なところにある観光スポットが「坂の上の雲ミュージアム」です。司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」をテーマにしたミュージアムで新聞で連載した当時の記事や小説で描いた主人公たちのエピソード、貴重な資料などを展示しています。「坂の上の雲」はドラマにもなりましたが、激動の時代を描いた作品の世界をこのミュージアムで体感してみてはいかがでしょうか。

松山グルメはアクセスに便利な大街道で食べよう!

大街道・四季香るDiningたきざわ名物「鯛の土鍋ごはん」

アクセス:伊予鉄道電停大街道から徒歩約3分
時間:11時30分~14時、17時~22時
休日:月曜・第3日曜、第1日曜不定休

松山市内を散策するとお腹が空いてくる頃ではないでしょうか。おすすめなのが愛媛名物の「鯛めし」です。ひゅうが飯と呼ばれる鯛の刺身を甘めのタレを絡めてご飯にのせて食べる南予地方と炊き込み風の中予地方で鯛めしの食べ方は異なりますが、ここでは炊き込み風で食べられるお店を紹介します。ロープウェイ乗り場までの沿道沿いにある「四季香るDiningたきざわ」の鯛の土鍋ごはん(要予約)はふんわりとしていて鯛のうまみを堪能することができますよ!

3000年の時代を刻む名湯・道後温泉本館

道後温泉本館

アクセス:伊予鉄道道後温泉駅から徒歩約5分
料金:コースによって異なります。
時間:コースによって異なります。
※料金と時間に関しては道後温泉本館の公式ホームページをご覧ください。
休日:無休

いよいよ松山代表する観光スポット「道後温泉本館」をご紹介します。アクセスは駅から商店街のアーケード街を歩いて約5分、3000年以上の歴史を誇る名湯に到着します。大浴場で名湯を浸かった後は畳で敷かれた「神の湯 二階席」へ。温かいお茶とせんべいを食べて湯あがりで満喫できる風に吹かれながらお寛ぎください。なお、本館は2017年に改修工事が行われ、しばらく入ることができないので、まだ行ったことがない人はぜひ入りに行きましょう!

道後温泉おすすめの宿 その1 別邸朧月夜

道後温泉・別邸朧月夜の檜露天風呂

道後温泉 別邸朧月夜
アクセス:伊予鉄道道後温泉駅から徒歩約8分
チェックイン:14時
チェックアウト:11時
客室数:19部屋
駐車場:無料

道後温泉で静かに贅沢に満喫したい方におすすめの宿が「別邸 朧月夜(べってい おぼろづきよ)」です。客間は露天風呂とデッキテラスがついた贅沢な作りになっており、檜と岩造りの露天風呂はまさに究極の癒しを満喫できることでしょう。13歳以上の方しか泊まることができないので、鳥のさえずりを聴きながらゆっくりお休みください。なお、道後温泉本館までは徒歩約2分とアクセスのいい場所にありますよ♪

道後温泉おすすめの宿 その2 茶玻瑠

道後温泉 茶玻瑠の屋上露天風呂

道後温泉 茶玻瑠
アクセス:伊予鉄道道後温泉駅から徒歩約6分
チェックイン:15時
チェックアウト:10時
客室数:73部屋
駐車場:無料

道後温泉本館へのアクセスが便利で、露天風呂で松山市内の絶景を満喫できる宿が「茶玻瑠(ちゃばる)」です。湯あがりは2014年にリニューアルしたワインバーで一杯飲んだ後は道後温泉本館周辺や商店街を散策してみてはいかがでしょうか。季節ごとに白い花が咲き乱れるホワイトガーデンもおすすめですよ♪

道後温泉おすすめの宿 その3 ふなや

道後温泉 ふなや「檜湯」

道後温泉 ふなや
アクセス:伊予鉄道道後温泉駅から徒歩約3分
チェックイン:15時
チェックアウト:10時
客室数:58部屋
駐車場:無料

道後温泉本館から歩いて約2分程歩いたところにあるお宿が「ふなや」です。江戸時代から続く由緒ある老舗旅館で庭園には昭和天皇をはじめ、夏目漱石正岡子規も訪れました。和室の他、伊予の風景をテーマにした「俳句ラウンジ」のスタイリッシュな客室もあるので、歴史ある温泉旅館でゆっくりとお寛ぎください。

道後温泉でお手頃な宿に泊まるなら本館へのアクセスに便利な「道後やや」へ

道後やや ツインルーム

アクセス:伊予鉄道道後温泉駅から徒歩約5分
チェックイン:15時
チェックアウト:12時
客室数:68部屋
駐車場:無料

温泉旅館に泊まりたいけど、お手頃な値段で泊まりたいと考えている方におすすめの宿が「道後やや」です。客室は大きな窓がなく外を見ることができないので圧迫感を感じるかもしれませんが、その分、朝食では新鮮な食材を使ったブッフェでおもてなしをします。大浴場がないので、温泉に入りたい方はこのホテルでチェックインした後、道後温泉本館まで足をのばしてお寛ぎください。